最近の記事

  1. img050

    肌が弱くても大丈夫!安心して使える無添加の白髪染め

    素手で染めることができる無添加の白髪染め ヘアカラーを使って白髪を自分で染める…

  2. img049

    あなたはどちら?しっかり色持ち派?髪にダメージを与えず染めたい派?

    髪の傷みを気にせずしっかり染めたい人はヘアカラーがおすすめ 髪は女の命とも言わ…

  3. img048

    白髪染めは白髪の量に応じて使いわけよう!

    白髪が数本の人におすすめの白髪染めは白髪隠しタイプ 白髪の生え方は人によって異…

  4. img047

    白髪を染めた後に気をつけたいこととは

    ドライヤーでしっかり乾かし、色落ちを防ごう 白髪染めをしたら、できるだけ長く綺…

  5. img046

    キレイに染まらないと思ったら試してみたいこととは

    乾いた髪に使うことで白髪染めの効果がアップ 白髪染めをする場合は、乾いた髪に使…

  6. img045

    白髪染めで薄毛になる?白髪染めと薄毛の関係

    白髪染めで薄毛になることがあるってホント? 白髪というのは、例え量が少なくても…

  1. 簡単に白髪を染めたい人におすすめの白髪染めは?
  2. 髪が薄いとお悩みの人におすすめの白髪染めは?
  3. あなたの髪は染まりやすい?髪質別白髪染めの選び方
  4. 男性におすすめ!雰囲気が急に変わらないシャンプーで染める白髪染め

年齢を重ねるごとにどんどん増えてくるいや~な白髪。

黒髪の中に白髪が1本あるだけでも、疲れて見えたり、実年齢より老けて見えるなど、何歳になっても美意識の高い女性にとって切っても切れない悩みの種のひとつです。

しかし、悩んでいても何も始まりません!

数本ちらほらあるくらいの白髪だとハサミで切れば問題ないですが、分け目や生え際にまとまって生えてきた、気づけば頭全体に目立ってきてハサミで切るのも面倒になってきたという方は思い切って白髪を染めてみませんか?

白髪染めは、一度染め始めると長く使い続ける必要があるため、頭皮や髪に優しいものを選ぶことが必要になってきますが、そこでおススメはヘアマニキュアタイプの白髪染めです。

ドラッグストアやコマーシャルなどでよく見かける一般的な市販のヘアカラーは、しっかり染まるため、色もちはいいですが、ジアミン系の化学物質が入っているため、大変刺激が強く、人によっては髪の生え際や顔、首筋などが赤くかぶれたり、頭皮の痛み、はれなどの症状が出ることがあり、無理をして使い続けていると、次第に症状が重くなり、呼吸困難などの重篤なアレルギー反応が突然起こることがあり危険です。

また、今まで何の問題がなかった人でも突然アレルギーを発症するリスクもあるためヘアカラーはおススメできません。

その点、ヘアマニキュアタイプの白髪染めは、キューティクルを開いて薬剤を浸透させるヘアカラーとは違い、キューティクルを開くことなく髪の表面に色を付けるので色もちは短いですが、頭皮や髪に優しく、傷みにくいので安心して使うことができます。

このサイトでは、白髪染めを初めて染めてみたいと思っている人が知りたい情報を中心に、肌や頭皮が弱い人でも安心して染めることができる白髪染めや、綺麗に染めるコツなどもご紹介しています。

これ以上白髪を増やさないように食生活や生活習慣を見直しながら、今ある白髪はヘママニキュアタイプの白髪染めで安全に綺麗に染めましょう。

人気の記事

ページ上部へ戻る