思い当たることはありませんか?白髪が増えるNGな生活習慣とは?

黒髪は、カラダの内側の健康から

最初は数本だった白髪がだんだん増えていって目立つようになると、自分も年をとったんだな、と諦めて白髪染めを使い始める方も多いでしょう。

だからと言ってヘアカラーで染めてしまうと、頭皮や髪にダメージを与えるせいで余計にメラノサイトの働きが低下して白髪が増えてしまいます。

一度白髪になってしまったら治らない、と思うかもしれませんが、髪の毛は体の栄養によって成長します。

髪の色をつけるメラニン色素を作るメラノサイトも、体が摂取した栄養によって働いているのですから、カラダの内側から健康になっていけば白髪を予防したり改善することも可能です。

カラダの内側の健康と言っても、範囲が広く漠然としていますから、何から始めれば良いか分からないという方もいるでしょう。

そこでまず改善したいのが血行です。

血液の流れが滞ると、便秘になったり免疫力が低下したり、内臓器官の働きが悪くなるなどカラダの内側の健康が阻害されます。

特に女性は筋肉量が少なく、血液を押し流す力が弱いため冷え性になったりむくみが起こったりしやすいですね。

血液というのは、髪の成長に欠かせない栄養や酸素を運ぶ役割を持っています。

そのため血行不良になると毛根組織が栄養不足になってメラノサイトの働きも衰えてしまうので、まずは血行を促進することを心がけてください。

半身浴や軽い運動、マッサージなど方法はなんでも良いので、血液の流れを促進すると頭皮にも栄養が行き渡りメラノサイトも活性化されます。

また、栄養バランスのとれた食事や十分な睡眠など、正しい生活習慣で健康なカラダが作れれば黒髪を取り戻せるので、内側からのケアを心がけましょう。

白髪が増えるNGな生活習慣を改めよう!

白髪は年齢を重ねると発生するもの、というイメージがありますが、実は生活習慣によっても出来てしまうものなのです。

特に最近は食生活やライフスタイルの変化が著しいため、若白髪の人が増えています。

白髪は早いうちから対処をしないとどんどん増えてしまうので、白髪が増えるNGな生活習慣はすぐに改めましょう。

白髪を増やす原因となるNGな生活習慣は、栄養バランスの偏った食事と不規則な睡眠、そして白髪染めのやり過ぎです。

髪の毛の色を作るメラノサイトは、血液から栄養を受け取ることでしっかり働きます。

メラノサイトの栄養が不足すると、メラニン色素を作り出す機能が低下するので白髪が増えていきます。

また、外食やコンビニなど添加物が多い食事をとっていると、栄養の吸収が阻害されたり、他の部分に使われてしまい栄養不足になるので注意しましょう。

そしてもう一つ大事なのが睡眠です。

睡眠中は成長ホルモンによって細胞が修復されたり再生されたりします。

睡眠が不規則だったり、質の悪い睡眠だったりすると成長ホルモンの分泌量が減少するため、色素細胞であるメラノサイトの再生が滞ります。

きちんと修復されないと働きが低下するため、規則正しい睡眠を心がけて質の良い睡眠を取りましょう。

また、白髪を隠すためにヘアカラーをやり過ぎると、頭皮がダメージを受けて毛根組織の働きが衰えます。

メラノサイトは毛根組織に存在しているので、同じように働きが衰えて白髪を増やす原因になるので、ダメージを与えるヘアカラーは控えてください。

他にも、ストレスや運動不足など不健康な生活は白髪を増やすので、健康的な生活を心がけて白髪の増加を防ぎましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

人気の記事

ページ上部へ戻る