ヘアマニキュアで白髪を染めるメリットとデメリット

ヘアマニキュアで白髪を染めるメリット

ヘアマニキュアは、名前から分かる通りネイルのマニキュアと同じ構造で、色素を吸着させて髪をコーティングする染め剤です。

最近は自宅で手軽に使えるヘアマニキュアも増えているので、気になっている方も多いでしょう。

白髪を染めるのはヘアカラーが主流ですが、ヘアマニキュアはヘアカラーにはないメリットがあります。

そのメリットとは、髪を染められるのに髪や頭皮が傷まないということです。

ヘアカラーは、キューティクルを開いて髪の内側に染料を浸透させて色をつけていきます。

そのため発色も色持ちも良いのですが、その分髪は大きなダメージを受けて傷んでしまいます。

ヘアマニキュアは染料を内部に浸透させるのではなく、染料と髪の毛をイオン結合させて色を吸着させる方法で染めますから、染料によって受けるダメージはありません。

またアレルギーを起こしたり強い刺激を与える薬剤も使われていないので、頭皮トラブルの心配もなく安心して染められます。

また、ヘアマニキュアというのは、もともとはキューティクルの代わりに髪を保護するために開発されたものです。

その保護成分に色素を加えることで髪を染められるようにしたのが現在のヘアマニキュアなので、髪をコーティングする働きもしてくれます。

コーティング効果によって、ツヤやコシも生まれますから髪がキレイになるというメリットもあります。

ヘアカラーは、使えば使うほどほど髪がパサついたり抜けてしまうなどトラブルが起こりますが、ヘアマニキュアはそういったことがありません。

髪や頭皮を傷めることなく、しかも髪を健康にしながら白髪を染められるのがヘアマニキュアの最大のメリットです。

ヘアマニキュアで白髪を染めるデメリット

髪に色素をイオン結合させて吸着することで白髪を染められるヘアマニキュアは、ヘアカラーのように髪にダメージを与えたり皮膚にアレルギーを起こすリスクがありません。

ただ、ヘアカラーはダメージのリスクはあるものの、髪をしっかり染めることが出来ますし、色持ちが良いというメリットがあります。

ヘアマニキュアは髪にも頭皮にもやさしい分、ヘアカラーにはないデメリットがあります。

ヘアマニキュアのデメリットは、色持ちが悪いということです。

極端な言い方をすると、ヘアマニキュアは髪に色を乗せているだけの状態です。

もちろんイオン結合しているので、シャンプーをしたからといってすぐに落ちることはないものの、シャンプーをする度に少しずつ色落ちしてしまいます。

ヘアカラーは内部に染料が浸透していますから、その分落ちにくく色持ちも良くなっています。

しかし、ヘアマニキュアは表面にしか色がついていないため、ヘアカラーよりも早く色落ちしてしまうのです。

ですのでヘアカラーよりも染める頻度が多くなりますし、手間暇がかかるというのもデメリットになります。

ただ、色持ちが悪く染め直しの頻度が高いのはデメリットになるものの、色持ちが良いヘアカラーであっても、2ヶ月も経てば根元の白髪が目立つようになりますから染め直しが必要です。

ヘアカラーは染める度に髪や頭皮が痛みますが、ヘアマニキュアは染め直してもダメージがありません。

面倒くさいという点からすればヘアマニキュアの色持ちの悪さはデメリットですが、いずれにしても染め続けなくてはいけないので、ダメージのことを考えるとヘアマニキュアの方がメリットが大きいと言えるでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

人気の記事

ページ上部へ戻る