シャンプータイプの白髪染めのメリットとデメリット

シャンプータイプの白髪染めのメリット

手軽に自分で白髪染めをしたいという方から高い支持を得ているのが、シャンプータイプの白髪染めです。

シャンプータイプの白髪染めは、その名の通りシャンプーをしながら白髪を染められます。

ヘアカラーのように手袋をしたり、生え際などにクリームを塗るなどの手間暇もなく、周りに飛び散っても流せば落とせるので、簡単に使えるのが人気の理由です。

シャンプータイプの白髪染めのメリットは、なんといっても髪や頭皮へのダメージの心配がないということでしょう。

一般的に、髪を染めるということは何らかの薬剤を使うので、どうしても髪や頭皮には負担をかけてしまいます。

特にヘアカラーは薬剤による強い刺激があるので、人によってはひどいアレルギー症状を起こすこともあります。

最近は皮膚障害を訴える人も増えていますから、白髪を染めたくても染められないという方も少なくありません。

シャンプータイプの白髪染めに使われているのは、薬剤ではなく天然由来の色素成分です。

ですので、髪や頭皮に負担やダメージを与えることなく染めることができます。

例えば、今までジアミン系化合物を使ったヘアカラーでアレルギー症状が出たことがあるという方でも、薬剤は使っていませんから安心して染められます。

いきなり白髪が染まるというのではなく、毎日シャンプーをする度に色が少しずつ入っていきますから、染まり方が自然で違和感もないのがシャンプータイプの魅力でもあります。

白髪染めに抵抗があっても、シャンプータイプなら意識することなく白髪を染められるので、年代を問わず使えるのもメリットと言えるでしょう。

シャンプータイプの白髪染めのデメリット

薬剤ではなく、天然由来の色素を使って白髪を染めることができるシャンプータイプは、髪や頭皮を傷めないというメリットがあります。

また、普通のシャンプーと同じように使えるので、ヘアカラーのように染める時間を特別に作る必要はありませんから、自由な時間を作りにくい方でも気軽に白髪を染められます。

このようにメリットが多いシャンプータイプの白髪染めですが、一つだけデメリットがあります。

シャンプータイプの白髪染めのデメリットは、効果が現れるまでに時間がかかるということです。

シャンプータイプの白髪染めというのは、植物などから抽出した天然由来の色素で髪を染めるので、ヘアカラーのような刺激の強い薬剤は使われていません。

だからこそ髪や頭皮に優しく、ジアミンアレルギーの方でも安心して使えるのですが、その分染まりにくいというのがデメリットです。

ヘアカラーはキューティクルを開く薬剤が使われているため、髪の内部に色素が浸透してしっかり染まります。

しかし、シャンプータイプは表面に色素を付着させるだけですし、髪を洗いながら染めていくのですぐには染まりません。

白髪が目立たなくなるまでは、早い人で1ヶ月、遅い人だと2ヶ月以上かかることがあります。

刺激がないのは魅力ですが、白髪が染まるまでかなり時間がかかりますから、すぐに白髪を染めたいという方にとってはこのタイムラグは大きなデメリットと言えるでしょう。

また、使い続けないと色が落ちてしまうので、他の白髪染めよりコストパフォーマンスが悪いという面もありますから、使用する場合はしっかり検討しましょう。

関連記事

人気の記事

ページ上部へ戻る