頭皮マッサージで白髪は予防・改善できる

頭皮マッサージで血行を改善して白髪を予防・改善

白髪を予防したり改善するには、メラノサイトが働くことでメラニン色素が作られて髪に色がつくので、メラノサイトに必要な栄養をしっかり摂る必要があります。

ですので、栄養バランスの整った食事をすることがとても大切なのですが、いくら栄養を摂取してもメラノサイトに運ばれなければ意味がありません。

栄養を運ぶのは血液ですから、頭皮全体に血液がきちんと行き渡ることも重要です。

頭皮の血管というのはとても細く血液の流れが滞りやすいので、頭皮マッサージで血行を改善して白髪の予防や改善に役立てましょう。

頭皮マッサージというと、美容院でプロが行うものを想像するかもしれませんが、自分でも簡単にできます。

頭皮マッサージのポイントは、指圧と頭皮を動かすことです。

まず両手を広げたら、10本の指の腹を生え際に均等に置き、気持ち良いと感じる程度に圧迫したら離します。

後は少しずつ指をずらして頭頂部から後頭部に移動させながら、全体を指圧してください。

指圧をするだけでも頭皮のコリがほぐれて血行が良くなりますが、さらに頭皮を動かすと血行が促進されます。

頭皮全体を両手の指の腹で軽くつかんだら、指の位置は動かさないようにして、頭皮だけを前後に細かく動かしましょう。

頭皮の動きが悪い部分は血行が滞って硬くなっているので、その部分は重点的に動かしてください。

最後は10本の指の腹を生え際において、気持ち良いと感じるぐらい圧をかけながら、頭頂部から後頭部まで流します。

頭皮マッサージはいつやってもいいですが、入浴中は体が温まって血液が流れやすくなっているので、シャンプーの時に行うとより効果が高まります。

こめかみにできる白髪もマッサージで血流改善を

白髪は全体的に生えてくるのが一般的ですが、人によっては偏って生えていることがあります。

中でも多いのは、こめかみ部分だけに生える白髪です。

男性に多く見られるこめかみの白髪ですが、最近は女性でもこの部分の白髪に悩んでいる方が増えています。

白髪は生える部分で原因が異なると言われていて、例えば頭頂部だと紫外線によるダメージだったり、後頭部は寝具などによる摩擦が主な原因と言われています。

そしてこめかみの場合は、目の疲れによる血行不良が原因とされています。

近年はスマホの普及や長時間のパソコンの使用により、目を酷使する環境が多くなっていますが、目が疲れると周りの筋肉が硬くなって血行が悪くなります。

血行不良になると栄養が運ばれにくくなるため、髪への栄養が不足して白髪ができてしまうので、こめかみの白髪はマッサージで血流を改善して解消しましょう。

こめかみの血流の改善は、目の周りのコリを取り除くことから始めます。

力の入りにくい薬指の腹を眉頭のくぼみに当てたら、眉の骨の下の部分を通りながら眉尻まで優しく流します。

次に、目頭と黒目の下、目尻の下のくぼみにあるツボを、力を入れすぎないように指圧してください。

このマッサージを各5回から10回程行ったら、こめかみに指を当てて小さい円を描きながらマッサージしましょう。

こめかみが温まったように感じたら、最後はこめかみから耳の前を通ってフェイスラインまで指を滑らせたら完了です。

簡単なマッサージですが、これだけで血流の改善につながりますし、目の疲れも取れるので朝晩1回ずつ行うようにしましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

人気の記事

ページ上部へ戻る