使う前に知っておこう!白髪染めの種類や特徴について

白髪染めの種類と特徴について

白髪染めは、大きく分けるとヘアカラーとヘアマニキュア、一時染めの3種類があります。

ヘアカラーというのは、キューティクルを開く働きを持つアルカリ性薬剤が入った1剤と酸化染料や脱色剤が入った2剤の薬剤を混ぜ合わせて使います。

この薬剤を髪に塗ることで、髪の色素を抜いて染料をしっかりと白髪を染めることができます。

ヘアカラーの特徴は、白髪をキレイに染め上げること、そして思い通りの髪色に染められることです。

白髪の量によっては、カラーバリエーションの少ない白髪専用のヘアカラーをする場合がありますが、最近は白髪専用のヘアカラーでもカラーの種類が豊富なので、好きな髪色に染められるのは魅力です。

また髪の内部に色を浸透させるので、色持ちが良いのも特徴です。

ヘアマニキュアは、髪のタンパク質に付着する性質を持つ色素を塗ることで、髪の表面をカラーコーティングして白髪を染めます。

ヘアマニキュアの特徴は、ジアミン系薬剤を使っていないので髪や頭皮へのダメージがほとんどないこと、アレルギーのリスクがないことです。

ジアミン系ヘアカラーでトラブルが起こった方でも安心して染められる上に、コーティング効果で髪もさらさらになります。

表面に色づけするだけなので色持ちは悪いですが、髪を傷める心配がないので気軽に染め直せるのも特徴と言えるでしょう。

一時染めは、一時的に白髪に色をつけるだけの白髪染めです。

特徴は気になる部分にさっと塗れることですが、シャンプーで落ちてしまうので持続性は全くありません。

本当に一時的な効果しかないので、あくまでも白髪の応急対策として使うというスタンスの白髪染めです。

白髪染めを選ぶなら髪を傷めにくいものを選ぼう

白髪染めを選ぶ場合、まず重視するのは染まり方や色持ちという方が多いでしょう。

しっかり染まらなければ白髪を隠すことはできませんし、色持ちが悪ければ頻繁に染め直さなくてはいけないので手間がかかります。

こういった点から白髪染めを選ぶとなると、やっぱりヘアカラーが一番適していると言えます。

ヘアカラーは、発色の良い酸化染料を使っていますから綺麗に染まります。

さらに、キューティクルを開いて染料を髪の内部に浸透させて染め上げるので色が落ちにくいという特徴もあるので、ヘアカラーを利用している方は少なくありません。

ただしヘアカラーは、アレルギー症状を引き起こすリスクが高いジアミン系化合物が使われています。

ジアミン系化合物は刺激がとても強いので、頭皮に大きなダメージを与えてかぶれや発疹、炎症などを起こすことが多いのです。

頭皮環境が悪化すると、毛根組織の機能も低下するため、メラニン色素を作るメラノサイトの働きも悪くなってしまい、結果的に白髪の増加につながります。

また、外部の刺激から髪を守ったり、内部の水分が蒸発するのを防ぐ役割を持つキューティクルを開いて染めるので、髪はものすごく傷みます。

髪が傷むと、染料が落ちやすくなりますから、色持ちが良いと言われるヘアカラーであっても頻繁に染め直しをしなくてはいけません。

そして染め直せばさらに髪が傷んで色落ちしやすくなります。

つまり、しっかり染まって色持ちが良い白髪染めは、使い続けることで染める回数も白髪も増えるという悪循環が起こるのです。

白髪を増やさないようにするには髪を傷めないことが一番なので、白髪染めは髪を傷めにくいものを選ぶのが正解です。

関連記事

人気の記事

ページ上部へ戻る