今さら聞けない!ヘアカラーとヘアマニキュアの違いとは

ヘアカラーとヘアマニキュアの違い

ヘアカラーとヘアマニキュア、どちらも白髪を染めることができますが、染めるメカニズムがまったく違います。

ヘアカラーは1剤と2剤に分かれていて、染める時に2つの薬剤を混ぜ合わせて染め剤を作ります。

1剤にはキューティクルを開くアルカリ性の薬剤が入っていて、2剤にはジアミン系化合物から作られる酸化染料が入っています。

この2つが混ざることで、キューティクルを開いてメラニン色素を脱色し、髪の内部に染料を浸透させ、内側から髪を染めることができます。

一方、ヘアマニキュアはタンパク質にイオン結合する性質を持つ染料を使用しています。

この性質を利用することで、キューティクルを開いたりメラニン色素を脱色しなくても、髪の表面に色をつけられるのです。

基本的に、髪の表面層にあたるキューティクルを保護したり補修したりするためのもので、それに色素を加えたのがヘアマニキュアですから外側しか色がつきません。

このように染めるメカニズムが異なることで、髪や頭皮へのダメージの度合いも違ってきます。

ヘアカラーはキューティクルを開いたり脱色したりするため、髪の毛は大きなダメージを受けます。

また、アレルギーを起こしやすいジアミン系化合物が使われていますから、使い続けるとかぶれやかゆみなどのリスクが高まります。

ヘアマニキュアは肌のphに近い酸性カラーで染めるので、髪を傷めることはありません。

逆に、髪をコーティングしてキューティクルを守る効果がありますから、髪を健康にすることができます。

ジアミン系化合物も入っていないので、頭皮にアレルギー症状を起こす心配もなく、今までアレルギー症状があった方でも使えるのも大きな違いです。

白髪を染めるならヘアマニキュアがおすすめな理由

ヘアマニキュアは、髪の内部に染料を浸透させるヘアカラーと違い、コーティングしながら髪の表面に色を付着させて染めていきます。

そのため、シャンプーをする度に色が落ちてしまうため色持ちが悪いというデメリットがあります。

また髪を脱色する薬剤も入っていないため、今の髪色を明るくすることもできません。

これだけ見ると、ヘアカラーの方が良いと思うかもしれませんが、白髪を染める場合はヘアマニキュアがおすすめです。

ヘアマニキュアがおすすめな理由は、髪や頭皮にダメージを与えることなく白髪を隠すことができるからです。

ヘアカラーは好きな髪色に染められたり、色持ちが良いというメリットがあります。

ですが、こういった効果が得られるのは、髪を脱色したりキューティクルを開く薬剤を使っているからです。

メラニン色素を無理に排出させたり、キューティクルを開くということは髪の構造を破壊することになるため、当然髪はものすごく傷みます。

また、それだけ強い薬剤を使うのですから、頭皮にも強いダメージを与え、メラノサイトや毛乳頭などが存在する毛根組織の機能は低下してしまいます。

いくら綺麗に染まって色持ちが良くても、ヘアカラーを繰り返し使っていると髪を生成する組織が崩壊し、結果的に白髪や抜け毛が増えることになるのです。

ヘアマニキュアは髪の表面にイオン結合で色をつけて、さらにコーティングしてキューティクルをサポートします。

つまり髪にも頭皮にもダメージを与えず白髪を染められて、白髪や薄毛の進行の心配もないので、ヘアマニキュアの方がおすすめなのです。

関連記事

コメントは利用できません。

人気の記事

ページ上部へ戻る