しっかり染めたい人におすすめの白髪染めは?

色持ちバツグン!しっかり染めたいならヘアカラー

白髪を染めようと思った時、自分が好きな色に染めたい、自然な色合いに染めたい、色持ちが長い方が良い、髪を傷めたくないなど白髪の染まり方には人それぞれに好みがあります。

また、頻繁に使うものなので、できるだけ価格が安いものをと考えている人も多いかと思います。

白髪染めにはヘアマニキュアなどもありますが、しっかり染まって色持ちが良く価格が安い白髪染めを探しているのであれば、ヘアカラーを使うのが適しています。

髪は外部の刺激から保護したり、水分の蒸発を防ぐキューティクルで覆われているので、健康な状態を保つことができます。

しかし、キューティクルは髪の健康を守る働きがある反面、染める場合には染料が浸透するのを邪魔するため、そのままでは髪が綺麗に染まりません。

ヘアカラーにはキューティクルを開くアルカリ性薬剤が使われているので、髪に塗るとキューティクルが開いて、そこから染料を内部に浸透させることができます。

キューティクルは時間が経てばまた閉じますから、浸透した染料が長期間内部に留まることで色を長持ちさせられます。

また、ヘアカラーはメラニン色素を脱色する作用を持つ薬剤も入っていて、黒い髪のメラニン色素を排出させて薄くできます。

メラニン色素が排出された髪の毛は、すかすかのスポンジのような状態になります。

このスポンジの隙間に染料が入り込んでメラニン色素が抜けた分を埋め尽くすことで、髪のトーンをアップさせたり自分の好きな色に染めたりできるのですね。

このように、ヘアカラーは髪の構造を破壊して髪を染め上げるので、色もちがよく綺麗に染め上げることができます。

しかし、よく染まる反面、頭皮や髪が傷むリスクもあります。

髪や頭皮がダメージを受けてもいいからそれよりも価格や色持ちを重視する、という方にはヘアカラーがおすすめです。

ヘアカラーはアレルギーのリスクあり!パッチテストは毎回忘れずに!

ヘアカラーは、好きな色に染めることができたり色持ちが良いというメリットがありますし、自宅で簡単にできるので利用している方も多いでしょう。

ただし、ヘアカラーのメリットとなる染毛力はジアミン系化合物によって得られるものです。

ジアミン系化合物は酸化染料に使われる薬剤ですが、この物質はかぶれや炎症、アレルギー症状を引き起こす可能性があります。

また、酸化染料に入っている過酸化水素水や、キューティクルを開くアルカリ性薬剤も強い刺激があるので、これが原因でアレルギー症状が発症して頭皮トラブルが起こることもあります。

このように、ヘアカラーはアレルギーのリスクが高いので、使用前には必ずパッチテストをしなければいけません。

パッチテストのやり方は使用説明書に記載されていますから、各商品のやり方に従って行いましょう。

パッチテストの途中で、かゆみや炎症、発疹、腫れなどアレルギー症状が出たら、すぐに洗い流してヘアカラーも中止してください。

ちなみに、アレルギー反応というのは特定の商品だから出るというのではなく、ヘアカラーに使われる酸化染料が原因です。

ヘアカラーと呼ばれる商品はすべて酸化染料が使われているので、アレルギー症状があった場合はすべてのヘアカラー商品の使用を止めましょう。

また、例え問題なかったとしても、パッチテストはヘアカラーをする度に行う必要があります。

体質や肌質、体調は常に変動していますから、今までアレルギー症状がなかったという場合でも突然発症することがあるので、必ず毎回行ってください。

関連記事

人気の記事

ページ上部へ戻る