ヘアカラーを使うならムースタイプ?クリームタイプ?

ムースタイプのヘアカラーの特徴

薬剤を混ぜ合わせるのが面倒、液体タイプだと垂れてしまって塗りづらいという方に人気なのがムースタイプのヘアカラーです。

ムースタイプはニオイがきつくなく、また液だれや飛び散りの心配も少ないので、使い勝手が良いことから初めてセルフカラーをする方にも人気があります。

ムースタイプの特徴は、生え際などに塗りやすく全体をムラなく染めやすいということです。

液体タイプのヘアカラーだと生え際に塗ると垂れてきて目に入ってしまったり、皮膚についてしまいやすいです。

さらに一部分に溜まりやすいため、細かくブロッキングして塗っていかないと根元が染まらないことがあります。

そのためコールドクリームでカバーしたりブロッキングをする必要があるので、事前準備も面倒で時間がかかりますが、泡タイプは垂れてこないし根元までしゅっと浸透するのですぐに染められます。

もちろん生え際に塗っても垂れる心配はありません。

また、髪にひっかかりにくくスタイリング剤感覚で使えるので、全体に塗りやすく染まりムラになりにくいので綺麗に染められます。

そしてもう一つ、ムースタイプは繰り返し使えるという特徴があります。

一昔前のムースタイプは薬剤と発泡剤を混ぜて作るものが主流でしたが、今は最初から泡で出てくるようになっています。

そのため、1度使って残ってしまっても捨てる必要はないので、ムダなく使い切ることができます。

ただし、ふわふわした使い心地で髪に優しそうなムースタイプですが、使われているのはジアミン系化合物なのでアレルギー症状には注意してください。

クリームタイプのヘアカラーの特徴

ヘアカラーは液状タイプやムースタイプなどいろいろな種類がありますが、一部分をしっかり染めたいという方に人気なのがクリームタイプです。

液状タイプと同じようなイメージがあるクリームタイプですが、テクスチャーが硬めなので一部分にしっかり留まります。

液状タイプは薬剤の伸びがよく塗りやすいのですが、その分垂れやすいため根元などには留まりにくい性質があります。

ですので、部分染めをしたいという場合はクリームタイプの方が適しています。

クリームタイプのヘアカラーの特徴は、密着度が高いので生え際や根元、分け目などピンポイントを染めやすいということです。

ヘアカラーは基本的に髪全体を染めやすいように、柔らかいテクスチャーになっています。

そのため全体に伸ばしやすいのですが、柔らかすぎるため重力でどんどん毛先に流れてしまい、毛先は染まりやすく根元は染まりにくいのがデメリットです。

特に白髪は根元から伸びてきますから、根元が染まりにくいのでは白髪を完璧に隠せません。

クリームタイプなら塗った部分に留まるので、白髪が気になる部分だけに塗れますし、きちんと染められます。

また薬剤を混ぜ合わせて使うヘアカラーは、1度染め剤を作ると使いきらなくてはいけませんが、クリームタイプは基本的にワンプッシュで薬剤が同時に出てきます。

つまり使う分だけ薬剤が混ざって出てくるので、混ぜる手間がないだけではなく、必要な分だけ使って後はとっておくことができるのも特徴です。

ジアミン系化合物が使われているのは液状タイプなどと同じですが、部分染めができるので使う量によってはダメージが少ないのも特徴です。

関連記事

コメントは利用できません。

人気の記事

ページ上部へ戻る