白髪の予防・改善にはストレスの解消も大切です

ストレスと白髪の関係とは

高血圧や動脈硬化のリスクファクターにもなるストレスは万病の元とも言われますが、髪の毛のトラブルにも大きく関わっています。

ストレスは脱毛症の原因となることはよく知られていますし、頭皮環境を悪化させることも有名ですが、白髪の原因にもなっているのです。

髪の毛の色というのは、メラニン色素の量によって決まります。

メラニン色素の量が豊富であれば黒や茶色などしっかり色がつきますし、不足すれば白いまま生えてきてしまいます。

このように髪色を決めるメラニン色素を作るのがメラノサイトという色素細胞なのですが、メラノサイトは神経細胞に似通った性質を持っています。

ストレスは自律神経など神経にも影響を与えるため、似た性質を持つメラノサイトもストレスの影響を受けやすく、過度のストレスによって働きが低下するのです。

また、ストレスを感じると、人間の体はそれに抵抗しようとする働きが起こり、交感神経が活性化されて血管の収縮が激しくなります。

血管の収縮が激し過ぎると、血液の流れのリズムが乱れて血行不良が引き起こされます。

メラノサイトが正常に働くためには栄養素が必要ですし、メラニン色素を合成するためにもミネラルや酵素などが必要不可欠です。

血液はメラニン色素の生成に必須の栄養素を運ぶ重要な役割がありますが、血行不良になれば十分に運ばれず栄養不足になり、メラニン色素の合成量が減少します。

このように、ストレスはあらゆる面で髪の色となるメラニン色素の生成量を減少させて白髪を発生させます。

特に、まだ若いのに白髪が生えてきたらストレスの影響が考えられるので、若白髪の方はしっかりストレス対策を行いましょう。

ストレス解消のために心掛けたいこととは

性格にもよるのですが、現代社会ではストレスを感じずに生きるというのはとても難しいことです。

情報化社会とも言われる現代では、単に仕事や人間関係だけではなく、目や耳から入る情報によってもストレスを受けやすい環境にあります。

あらゆる側面から受けるストレスを溜め込むと、体や心の病気になりやすいですし、髪や肌トラブルなども引き起こされるのでしっかり解消しておきたいですね。

ストレス解消にもっとも効果的なのは、どんなことであっても自分が楽しい、心地よいと感じる時間を作ることです。

好きな映画を観る、音楽を聴きながらドライブをする、お笑い番組を観て思い切り笑う、ヨガや運動、友人とおしゃべりをするなど、なんでも良いので自分が好きなことをするのが一番のストレス解消法になります。

ただ、忙しい毎日の中ではやらないといけないことが多くそれだけで一日が終わってしまう、という方も多いでしょう。

自分の好きなことをする時間がないからこそ、ストレスが溜まってしまうとも言えます。

そんな方には、一番手軽なストレス解消法である深呼吸をするのがおすすめです。

ストレス解消はリラックスすることとイコールであり、深呼吸は副交感神経を優位にするので無意識にリラックス効果を得られます。

すべての息を吐ききったら、ゆっくりと大きく息を吸い、細くゆっくりと息を吐き出すという深呼吸を5回以上繰り返してみましょう。

また、腕や背中などをゆっくり伸ばして筋肉の緊張を和らげるだけでも心地よさを感じてリラックスできます。

時間がなくてもストレス解消はできるので、ちょっとした時間に深呼吸やストレッチをするように心掛けましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

人気の記事

ページ上部へ戻る