白髪ぼかしで白髪を染めるメリットとデメリット

白髪ぼかしで白髪を染めるメリット

白髪ぼかしというのは、グレーカラーで髪にグラデーションをつけて、白髪と黒髪のコントラストを軽減して目立たなくさせる白髪染めです。

白髪が目立っていたのに、ある日を境にまったく白髪がなくなって黒髪になるというのは、自分が思っている以上に不自然な印象を与えます。

また、本来なら多少白髪があってもおかしくない年齢の方の髪がすべて黒くなると、若作りの印象を与えてしまいます。

白髪ぼかしはこういった違和感のある仕上がりの白髪染めではなく、グレーでぼかすことで自然な印象を作り出す新しいタイプの白髪染めなのです。

白髪ぼかしで白髪を染めるメリットは、周りに白髪染めをしたという印象を与えることなく、自然に白髪を目立たなく出来るというところです。

今まで目立っていた白髪をいきなり黒くすると、染めたことがばればれです。

もちろん白髪を染めるのは悪いことではありませんし、40代以降になると白髪が出てくる方はとても多いので恥ずかしいことでもありません。

と言っても、どうしても第三者からは「白髪染めをしたんだ」という目で見られてしまいます。

染めたては顔に馴染まず髪だけが浮いてしまっている状態にもなるので、白髪は目立たなくなっても、逆の意味で目立ってしまうこともあるでしょう。

そのため、白髪をなんとか隠したいけど、恥ずかしくて染めることができないと悩んでいる方も少なくないようです。

白髪ぼかしは白髪をグレーに染めてグラデーションにすることで、白髪を隠しながらも自然に仕上がるメリットがあるので、白髪染めに抵抗がある方でも気軽に使えます。

白髪ぼかしで白髪を染めるデメリット

白髪ぼかしというのは、ジアミン系のヘアカラーによってアレルギーが起こってしまった人のために、弱い薬剤でも白髪を目立たなくできるようにと開発された商品です。

だからこそ頭皮や髪にダメージを与えず、アレルギーを引き起こすこともなく染められるのがメリットと言えるでしょう。

ただし、白髪を目立たなくするという点ではメリットはあるものの、白髪を隠したいという方にとってはデメリットがあります。

白髪ぼかしで白髪を染めるデメリットは、黒く染められないということです。

白髪ぼかしは、灰色っぽい色で染め上げるので、黒とのコントラストが曖昧になり白髪を目立たなくすることができます。

ですがあくまでも白を灰色にしてぼかすしか効果がなく、例え染め時間を長くしても黒く染まることはありません。

そのため、白髪の量が多ければ多いほどグレーの部分が多くなり、明らかに白髪があるということは分かってしまいます。

白髪を染める目的は、白髪を目立たなくしたいという方もいますし、白髪を完全に隠して若々しい印象にしたいという方など人によって違います。

ですので、髪や頭皮に優しいことや染め時間が短く済むなどのメリットだけで白髪ぼかしを使ってしまうと、自分の思っていた仕上がりとは異なることがあります。

白髪ぼかしであっても、染料を使って染め上げるのですから、一度染めてしまうとしばらくは他の染め剤を使えません。

いくら染め上がりがイメージと違っても、白髪ぼかしの染料がある程度落ちるまでは染め直しができないので、白髪ぼかしを使う際はその点も考慮しましょう。

関連記事

人気の記事

ページ上部へ戻る