頭皮や髪を傷めたくない人におすすめの白髪染めは?

頭皮や髪を傷めない白髪染め

自分で白髪染めをしたら頭皮がかぶれたり痒くなった、髪が傷んでパサパサになってしまったなんて経験を持っている方も多いでしょう。

これは、ヘアカラータイプの白髪染めに使われている酸化染料に含まれるジアミン系化合物やアルカリ性薬剤が原因です。

ヘアカラーの薬剤はとても刺激が強く、アレルギーを引き起こしたり髪にダメージを与えるので、頭皮や髪が傷んでしまいます。

最初はちょっとひりひりするな、髪がまとまりづらいなぐらいの状態かもしれませんが、使い続けていると、頭皮トラブルや髪の傷みがどんどん悪化していきます。

最悪の場合は白髪を染められなくなったり、重度のアレルギー症状でショック状態になってしまうこともあるので、白髪を染める場合は頭皮や髪を傷めないものを使いましょう。

頭皮や髪を傷めない白髪染めとは、ジアミン系化合物を一切使っていないものです。

成分表示だとパラフェニレンジアミンや5-ジアミン、パラアミノフェノール、メタアミノフェノール、トルエン-2などで記載されています。

例えパッケージに「髪が傷まない」「優しく染める」などと書いてあっても、これらの成分が使われているものはすべて酸化染毛剤という部類になり、頭皮や髪を傷めます。

成分表示を見てもよくわからないという方は、ヘアマニキュアや酸性カラーなどの白髪染めを選んでください。

ヘアマニキュアなどにはジアミン系化合物は使われていませんから、安心して使うことができます。

白髪染めの種類はたくさんあるので選ぶのが難しいですが、頭皮や髪を傷めずに白髪を染めたい方はヘアマニキュアを選ぶのが正解です。

白髪を染めながら髪や頭皮が使うたびに元気になる白髪染め

白髪染めにはいろいろな種類がありますが、多くの方が利用するのはヘアカラータイプです。

ヘアカラーは短時間でしっかり髪を染められますし、一度染めた部分は2ヶ月ほど色持ちしますから、染め直しの手間も軽減できます。

またドラッグストアなどで手軽に購入できますから、白髪が気になるなと思ったらいつでも染められるので使い勝手が良いというメリットも魅力ですね。

ただし、ヘアカラーはアレルギー症状を起こすジアミン系化合物が使われていますし、薬剤の刺激も強いので使うたびに髪が傷んでしまいます。

そのためヘアカラーで白髪染めをしている方は、髪の健康がどんどん奪われて、美しいとは言い難い状態になってしまうのです。

それなら白髪を染めることはできないのか、と思うかもしれませんが、実は髪や頭皮を元気にしてくれる白髪染めもあるのです。

それはヘアマニキュアタイプのカラートリートメントなどの白髪染めです。

ヘアマニキュアタイプのカラートリートメントは、髪のタンパク質にイオン結合する染料を使っているので、薬剤で髪や頭皮にダメージを与えることはありません。

また、もともとは傷んだキューティクルを保護するために開発されたものですから、染めた後はキューティクルが強化されたり、髪をコーティングしながら染めることができます。

刺激の強い薬剤は一切入っておらず、キューティクルを守りながら染められ、使うたびに髪や頭皮が健康になっていくので、ヘアカラーで髪や頭皮がボロボロという方はすぐにヘアマニキュアタイプのカラートリートメントに変更しましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

人気の記事

ページ上部へ戻る