男性が白髪染めを選ぶ際のポイント

男性が白髪染めを選ぶ際の注意点

女性と比べると、男性の方が白髪になっても染めないという人が多いですが、それでも年齢や仕事などによっては染める必要がある方もいるでしょう。

若白髪であれば年相応の髪色にしたいですし、職種によっては若々しさを保っていた方が良いこともあります。

最近は男性用の白髪染めも充実してきているので、自分で手軽に染められます。

ただ、いくら手軽と言っても綺麗に染めるには、白髪染めの選び方に注意しなくてはいけません。

男性が白髪染めを選ぶ際の注意点は、まず髪質に合わせてトーンを選ぶことです。

細くて柔らかい髪は染まりやすく、太くて硬い髪は染まりにくいという性質があります。

そのため、髪質を理解しないでカラーやトーンを選んでしまうと、希望通りの髪色に染めることができません。

同じトーンの白髪染めでも細くて柔らかい髪は明るく、太くて硬い髪では暗く染まってしまいます。

染め上がりは髪質が大きく関わっているので、自分の好きなカラーに染めるためには髪質を考慮してトーンを選ぶのが失敗しないコツです。

次に注意したいのは、ダメージの少ない白髪染めを選ぶことです。

男性の場合、髪をカットするスパンが女性よりも短いのが一般的なので、根元の白髪が目立ちやすくなります。

そのため白髪を染める周期も短くなってしまうため、ヘアカラータイプなどダメージが強いものを使うと薄毛のリスクが高まります。

いくら白髪を隠しても薄毛になったら若々しさは保てないので、白髪染めはヘアマニキュアなど髪や頭皮を傷めないものを使いましょう。

白髪があると老けて見られるのできちんとケアしよう

年齢や性格によって違いはあるものの、一般的には女性よりも男性の方が白髪に無頓着です。

確かに、男性の方は白髪があっても違和感は少ないですし、ある程度の年齢になれば白髪が生えるのは自然なことです。

また、白髪の生え始めは、気になって白髪を染めていたという方でも、だんだん染めるのが面倒になってほったらかしなんてこともあるでしょう。

ですが、年齢に関わらず、白髪といのは見た目年齢をぐっと引き上げてしまいます。

またメタボなどで体に締まりがなくなっていると、余計に老けて見られます。

人間は見た目じゃないとは言うものの、例えば20代なのに30代に見られたり、30代の人が明らかに年上の人に敬語を使われたりするのは気持ちの良いことではありません。

年を取るのは悪いことではありませんが、老けて見られるというのは自分にとってマイナスになることも多いです。

実年齢より上に見えることで恋愛対象から外されてしまったり、同僚などから敬遠されてしまうこともあります。

老けて見えるのは、人間関係や仕事などあらゆる面で損をするので、しっかりケアをしておきましょう。

白髪ケアというと難しく考えてしまいますが、要はこまめに白髪を染めれば良いだけです。

ここで大事なのが、髪や頭皮に優しい白髪染めを使うことです。

薬剤の刺激が強い白髪染めは、ダメージが大きいため髪が傷んだり頭皮環境を悪化させて白髪を増やしてしまいます。

白髪が増えれば染める頻度も高くなり、ケアが面倒になってしまうので、ヘアマニキュアなどで染めて手軽にケアが続けられるようにするといいですね。

関連記事

コメントは利用できません。

人気の記事

ページ上部へ戻る