薄毛がお悩みの人におすすめの白髪染め

薄毛の人でも安心して染められる白髪染め

薄毛の原因は男性ホルモンや喫煙、不規則な生活習慣、血行不良などいろいろありますが、何が原因であっても、薄毛の人は白髪を染める場合注意しなくてはいけません。

薄毛は毛乳頭細胞の分裂が滞るもしくはストップすること、白髪はメラニン色素が不足することというように、メカニズムはまったく違います。

ただ薄毛と白髪には、髪や頭皮へのダメージが原因という共通点があります。

白髪染めの種類によっては、強い刺激でダメージを与えるものがあるため、選び方を間違えると薄毛も白髪も増やしてしまうのです。

白髪を染める力が強いのはヘアカラータイプですが、これは一番薄毛によくありません。

ヘアカラーは酸化染料やアルカリ性薬剤で髪を染めますが、酸化染料にはアレルギーを引き起こすリスクのあるジアミン系化合物が使われています。

ジアミン系化合物は刺激が非常に強いため、毛根組織にダメージを与えて毛根組織の働きを低下させます。

アルカリ性薬剤はキューティクルを開く作用があるので、髪が傷んで成長が滞ってしまい薄毛を進行させてしまいます。

薄毛の人でも安心して染められるのは、ヘアマニキュアタイプのカラートリートメントの白髪染めです。

カラートリートメントの白髪染めには酸化染料もアルカリ性薬剤は入っていないため刺激がなく、髪や頭皮にダメージを与える添加物も使われていません。

また、トリートメント効果によって髪のキューティクルを整え、傷みを改善する効果もあるので使うたびに髪が健康になります。

髪が健康になれば毛根組織への負担も軽減されますから、薄毛が進行する心配もないので安心して染められます。

白髪染めと育毛剤の併用について

年齢を重ねれば、白髪が生えたり薄毛になったりすることはしょうがないことです。

こういったトラブルがあっても、白髪は白髪染めをすると隠すことができますし、薄毛は育毛剤を使えば改善出来る可能性があります。

ただ、両方のトラブルが併発した場合、白髪染めと育毛剤を併用しても良いのか迷ってしまうでしょう。

結論から言うと、白髪染めと育毛剤を併用するのは問題ありません。

ただし、白髪染めの種類によっては育毛剤の効果がなくなってしまうので、併用する場合は白髪染めの選び方に気をつけてください。

育毛剤の効果をなくすのは、ヘアカラータイプの白髪染めです。

なぜ効果がなくなるのかというと、ヘアカラータイプには髪や頭皮にダメージを与える薬剤が使われているからです。

育毛剤には、髪の毛の成長に必要な栄養素や血行を促進する成分、抗炎症成分などが配合されていて、頭皮環境を整えたり毛乳頭細胞の働きをサポートすることで育毛を促します。

しかし、ヘアカラーでダメージを与えてしまうと、頭皮環境は悪化しますし毛乳頭細胞の働きも活性化されません。

つまりヘアカラーは育毛剤の効果を打ち消してしまうのです。

それだけではなく、ヘアカラーによって受けるダメージは、毛乳頭細胞の分裂を阻害したり、頭皮のかぶれや炎症を引き起こすこともあるので、しかも薄毛を進行させる恐れもあります。

ですので、育毛剤と併用する場合は、カラートリートメントやカラーシャンプーのようにダメージを与えない白髪染めを使いましょう。

 

関連記事

人気の記事

ページ上部へ戻る