髪が薄いとお悩みの人におすすめの白髪染めは?

薄毛の人でも安心の無添加タイプの白髪染め

薄毛の原因はストレスや疲労の蓄積、不規則な生活習慣、喫煙、シャンプーや紫外線のダメージなどいろいろ挙げられます。

しかし直接の原因となるのは毛根組織の働きの低下です。

髪は毛乳頭細胞が分裂することで成長していきますが、毛根組織の機能が低下すると、成長期であっても髪が伸びなかったり抜け落ちてしまって薄毛が引き起こされます。

その状態をさらに悪化させれば、薄毛が進行してしまうので、毛根組織にダメージを与えることは避けなくてはいけません。

白髪染めというのは、ヘアカラーなど刺激の強い添加物が使われているものもあるので、薄毛の人は安易に使用するのは危険です。

一番大事なのは頭皮にダメージを与えずに染められるということですから、刺激の少ない無添加タイプの白髪染めを選びましょう。

ただし無添加と言っても定義はないため、無添加と書かれていても何が無添加なのかはメーカーによって異なります。

ですので、単に無添加というだけで選んでしまうと、頭皮に刺激を与える添加物が入っている可能性もあるので注意してください。

薄毛の人でも安心して使えるのは、酸化染料や酸化剤が使われていない白髪染めです。

酸化染料などに含まれる添加物は強い刺激を持っているため、頭皮に大きなダメージを与えて薄毛を進行させます。

酸化染料や酸化剤が使われていないのは、ヘアマニキュアタイプのカラートリートメントやカラーシャンプーなのでこういった白髪染めでさらに添加物の少ないものを選ぶのが正解です。

頭皮や髪を傷めることなく染めれる白髪染め

白髪は中高年の悩みと言うイメージがありますが、近年はライフスタイルの変化やストレス社会などに伴い、若い人でも白髪に悩む方が増えています。

白髪はエイジングサインとも言われますが、白髪が目立ち始めたらまずは染めて隠すのが一般的です。

その際注意したいのが、頭皮や髪へのダメージです。

若い人ほど、ダメージよりも隠すことを重視する方が多いので、ヘアカラーでカラーチェンジをしながらしっかり染めてしまいがちです。

しかし、白髪が生えるということは、髪の色素となるメラニン色素を生成するメラノサイトの働きが何らかの原因で衰えているということです。

そこにさらに刺激の強いヘアカラーでダメージを与えてしまうと、黒髪が生えている部分のメラノサイトの働きまで低下させるかもしれません。

つまり白髪を綺麗に隠そうとすることで、より白髪が増えるという悪循環になってしまうのです。

もちろん若い人だけではなく、中高年の方でも頭皮や髪を傷め続けてしまったら、やがて髪が真っ白になってしまったり抜け毛が増えて薄毛になるリスクが高まります。

確かにしっかり染めれば綺麗ですし、色持ちが良ければ染める手間も省けますが、ヘアカラーで頭皮や髪を傷めるとトラブルも起こりやすくなります。

ですので、ヘアカラーよりは色持ちが悪くても、頭皮や髪にやさしいカラートリートメントなど酸化染料が使われていない白髪染めを使いましょう。

染め直しのスパンは短くなりますが、それでも髪にダメージを与えなければ髪年齢は若返りますし、頭皮トラブルがなければ白髪や薄毛の進行も防げます。

綺麗な髪を保つためにも、白髪染めは数年先の状態を見据えて選びましょう。

関連記事

人気の記事

ページ上部へ戻る