簡単に白髪を染めたい人におすすめの白髪染めは?

準備も手間もいらない白髪染め

自分で白髪染めをすれば美容院よりも安上がりですし、予約などの手間もなく染めたいと思った時にすぐ染められます。

また、染めている間も家事などができるので、時間をムダにすることもありません。

ただこういったメリットはあるものの、いざ染めるとなれば首や顔にコールドクリームを塗ったり、ケープやビニール手袋を用意したりするなどこまごまとした準備をする必要があります。

染めている時には周りに飛び散らないように気をつけなくてはいけませんし、汚れたものを後始末するなど手間もかかるのが面倒ですね。

こういった準備や手間のことを考えると、美容院で染めるメリットと比べるとセルフカラーは面倒と思う方もいるでしょう。

ですが、美容院にいかなくても自分で染める白髪染めで準備も手間もいらない、シャンプータイプの白髪染めがあるのです。

シャンプータイプの白髪染めとは、名前の通りシャンプーに色素を混ぜ合わせたものです。

色素の原料は商品によって異なりますが、基本的にはフコイダンなど天然由来の植物成分から抽出した色素を使っているので、ヘアカラーのような面倒な準備は必要ありません。

薬剤は入っていませんから、素手で扱っても大丈夫ですし、顔など皮膚についてもすぐに落とせば問題ありません。

また、飛び散ったとしても酸化染料ではないため浴室の壁が染色することもないですから、シャワーで洗い流すだけで構いません。

使い方は普通のシャンプーと同じで、シャンプーで洗ったあと少し時間を置いて染料を馴染ませるという違いしかありません。

毎日シャンプーをするだけ白髪が染まるので、セルフカラーの準備や手間が面倒という方におすすめの白髪染めです。

面倒くさがり屋でも続けられる簡単白髪染め

初めて白髪を発見したら、とにかく染めて隠してしまおうというのが普通の行動です。

そのままにしておけば目立ちますし、なんと言っても見た目年齢がぐっと上がって老けて見えてしまうので、ヘアカラーなどで隠すのは当然とも言えます。

ただ、ヘアカラーはしっかり染まるというメリットがあるものの、その分伸びてきた根元の白髪とのコントラストがくっきりするため、こまめに染め直さなくてはいけません。

最初は頑張って染め直せたとしても、ヘアカラーは染める準備や染める手間がかかるので、面倒くさがり屋の方だと放置しがちになることが多いようです。

分け目や生え際の白髪はみっともないなと思っても、面倒くさいという気持ちが先にたってしまい、だんだん染め直さなくなってしまうのですね。

ですが、第三者から見ると、染めないで普通に生えている白髪より伸びている白髪の方がものすごく目立ちます。

白髪の量によっては、下手に染めるよりも、染めない方が目立たないこともあるのです。

と言っても、一度染めてしまったら完全に伸びてカットするまで、いわゆるプリン状態が続きます。

これは白髪染めをしないよりもみっともない状態ですから、面倒くさがり屋さんでも続けられる白髪染めを使いましょう。

それはシャンプータイプの白髪染めです。

シャンプータイプの白髪染めは酸化染料などダメージが強い染料を使っていないので、しっかり染まるまでには多少時間がかかりますが毎日シャンプーをする度に少しずつ染まっていきます。

また、使い続ければ伸びてくる白髪も染められるので、いつまでも綺麗に染まった状態を保てますから、面倒くさがり屋さんはシャンプータイプの白髪染めを使うのがおすすめです。

関連記事

人気の記事

ページ上部へ戻る