あなたはどちら?しっかり色持ち派?髪にダメージを与えず染めたい派?

髪の傷みを気にせずしっかり染めたい人はヘアカラーがおすすめ

髪は女の命とも言われるほど女性にとってとても大切なものですが、白髪と傷みを天秤にかけた場合、傷みよりも白髪が気になるという方もいるでしょう。

確かに、どんなに髪が傷んでいてもまとめ髪をしたり、帽子をかぶったりすれば隠すことはできます。

ですが白髪は染めない限り隠すことができないので、髪が傷んでもいいからしっかり染めたいという人はヘアカラーを使うのがおすすめです。

白髪染めの中でも、一番染毛力が高いのがヘアカラーです。

ヘアカラーはキューティクルを開いて染料を内部に浸透させるので、表面に色素を付着させるだけのヘアマニキュアタイプの白髪染めよりもしっかり染まります。

染めたばかりだとキューティクルが開いているので、シャンプーなどで多少色落ちすることはありますが、キューティクルが閉じれば染料が流れ出ることはありません。

もちろん一度染めたからといってずっと白髪染め効果が持続するわけではありませんが、それでも色持ちが良いので、髪が成長する根元以外であれば2ヶ月ぐらい白髪を隠すことができます。

また、ヘアカラーには液体タイプだけではなく、ムースタイプやクリームタイプなどいろいろな種類があり、最近は誰でも簡単に染められるように改良されていますから初心者でも色ムラもなく手軽に使えます。

ただし、いくら髪の傷みを気にしないと言っても、ヘアカラーのダメージはかなり大きいですし、使えば使うほど傷みはひどくなります。

例えトリートメントなどでケアしても元の状態に戻ることはないということを覚えておきましょう。

髪に傷みを与えず全体を染めたい人はヘアマニキュアがおすすめ

見た目の印象というのは、メイクや服装も重要ですが、髪の毛の状態も大きく関わっています。

白髪の量が多ければ年齢に関わらず、老けて見えたり疲れて見えたりするので、全体的に白髪が目立つという方は白髪を染めるのが一般的です。

ただし、老けた印象を与えるのは髪の色だけではなく、髪のツヤや質感というのも関係してきます。

例えば白髪が1本もなく黒々とした髪の毛であっても、乾燥してまとまりがなかったり、切れ毛や縮れた毛が目立っていたら老けた印象を与えます。

いくらこまめに白髪を染めて目立たないようにしても、髪が傷んでいたら若々しいとは言えませんから、白髪の染め方には注意しましょう。

白髪染めの方法の中で、一番のシェアを占めるのはヘアカラータイプです。

ヘアカラーは髪の毛をしっかり染めることが出来ますし、色持ちもよく、しかもセルフカラーならお手頃価格なので利用している方も多いでしょう。

しかし、ヘアカラーは髪のキューティクルを無理やり開いて染料を浸透させるので、髪がものすごく傷みます。

キューティクルは一度開くと閉じるまでに時間がかかるため、その間に髪の水分が蒸発してしまいます。

また、無理に開くことで構造が乱れてしまい、元の正常な状態には戻らなくなるのでぱさついたりごわついたりするのです。

髪に傷みを与えないためには、髪の表面に色を付着させて染めるヘアマニキュアタイプの白髪染めを使うのがベストです。

ヘアマニキュアタイプの白髪染めには刺激の強い薬剤は使われていませんし、キューティクルも開かないので髪が乾燥したりごわつくことはありません。

色持ちはヘアカラーに劣るものの、繰り返し使っても髪を傷めませんから全体染めにはヘアマニキュアタイプの白髪染めを使いましょう。

関連記事

人気の記事

ページ上部へ戻る