10代や20代でも白髪は生える!若白髪はどうしてできるの?

若白髪は遺伝が主な原因

最近は食生活の変化や生活環境が昔と違っているせいで、若い人でも白髪になる人が増えています。

一般的に、メラニン色素を作り出す機能が低下して白髪になるのは、加齢が原因です。

いくら生活習慣が乱れていても、それだけで白髪がたくさん生えるということはほとんどありません。

もし、特に白髪が生える年齢でもないのに、はっきり白髪が多いと分かるぐらい目立つ若白髪であれば主な原因は遺伝です。

遺伝というと、何をしても絶対に避けられない宿命のように思えるかもしれません。

ですが、遺伝とは「○○になりやすい体質」を受け継いでいるだけなので、両親もしくはどちらかが若白髪だったとしても、必ず自分が若白髪になるわけではないのです。

遺伝によって若白髪になってしまうのは、メラニン色素の生成力が弱い体質を受け継いでいるということです。

若いうちは回復力も高いですから、疲労やストレスを溜め込まないようにしたり、栄養バランスの整った食事を心がけていれば若白髪を改善することは可能です。

しかし、遺伝だからと諦めてヘアカラーで隠そうとすると、カラーリングのせいで頭皮にダメージを与えてしまい、白髪を改善することができなくなります。

と言っても、若ければ若いほど白髪は気になるものですから、染めて隠したいというのは当然ですが、そんな時はダメージを与えないヘアマニキュアで対応してください。

ヘアマニキュアは髪を色素でコーティングするだけなので、髪を傷めることなく白髪を隠せます。

同時に頭皮ケアをしたり生活習慣を規則正しくすれば、メラノサイトの働きの低下をストップさせられるので、遺伝であっても白髪対策を行っていきましょう。

無理なダイエットによる栄養不足やストレス病気も若白髪の原因に

若白髪の原因で一番多いのは遺伝ですが、最近は無理なダイエットによる栄養不足やストレス、そして何らかの病気も原因と考えられています。

ダイエット方法で一番手軽で効果が出るのが早いのは、食事制限です。

プチ断食や単品ダイエットなどは、短期間で体重を落とせるので実践する方も多いですが、こういった極端な食事制限は栄養不足を引き起こします。

酵素ドリンクなどで栄養を摂るとしても、栄養が不足するとまずは生命維持活動を行う器官への栄養補給が優先されます。

髪の毛は生命維持という点では不要なものですから、栄養が行き渡りません。

メラノサイトは栄養を摂ることでメラニン色素を作り出すので、食事制限などのダイエットを行うと栄養不足で白髪になってしまいます。

ストレスが蓄積すると、交感神経が活性化されて副交感神経とのバランスが崩れます。

交感神経は血管の収縮を促すので、血液の流れが乱れてしまい血行不良が引き起こされます。

頭皮の血管はとても細いので、血行不良が起こると真っ先に影響を受けて毛根組織に栄養が運ばれなくなるので、白い髪が生えてきます。

また、病気になると体内機能が弱まり、その影響で毛根組織の働きも弱まるためメラニン色素の生成が滞ります。

病気になった場合、疾患が起きている部分に栄養が送られますから、頭皮は栄養不足にもなるので白髪の量も増えます。

もし遺伝やダイエット、ストレスに心当たりがないのに白髪が急増したという場合は、病気が原因かもしれないので医療機関を受診しましょう。

 

関連記事

コメントは利用できません。

人気の記事

ページ上部へ戻る