部分的に同じところから生える白髪の原因は何?

頭頂部や分け目の白髪の原因は紫外線によるダメージ

白髪というのはあらゆる要因が重なることが多いので、原因が判断しづらいので改善が難しいと言われていますが、実は生える場所によって原因を特定できることがあります。

原因が特定しやすいのは、頭頂部や分け目の白髪です。

こういった部分だけに白髪が集中して生えている場合は、ほぼ紫外線が原因になっていると言えるでしょう。

紫外線は肌に強い刺激を与えてメラニン色素を大量に発生させ、しみやくすみを引き起こすことでよく知られています。

メラニン色素を発生させるなら、逆に頭皮に紫外線を浴びた方が白髪を防げるのではと思うかもしれません。

しかし、しみやくすみの原因となるメラニン色素と、髪の毛の色となるメラニン色素は根本的に種類が違いますから、紫外線のダメージを受けても髪が黒くなることはありません。

それどころか、頭皮が紫外線のダメージを受けると白髪が生えてしまうのです。

頭皮も肌ですから、紫外線に対してはとてもデリケートです。

そのため紫外線を浴びると刺激を受けるのですが、その影響がもっとも大きいのが毛根組織です。

毛根組織が紫外線のダメージを受けると働きが低下するため、毛根組織の内部にあるメラノサイトやチロシナーゼの働きまで低下します。

メラニン色素を作り出す色素細胞が正常に働かなくなれば、髪に色がつかないので白髪になるのです。

頭頂部や分け目は、髪の毛でカバーしていませんし、太陽に一番近い部位ですから紫外線をたくさん浴びてしまいます。

つまり頭頂部や分け目が白髪の場合は紫外線が原因になるので、帽子や日傘などでしっかり対策を行っていきましょう。

こめかみの白髪は血流不良、マッサージで血流改善を

もし、白髪が生えるのがこめかみに偏っているという場合は、血行不良が原因になっている可能性があります。

こめかみには目につながる神経が通っているので、目を酷使したり寝不足だったりすると、血液の流れが滞りやすいのです。

血液というのは栄養を運ぶ役割を持っていますから、こめかみ付近の血流が滞ると、目の健康を保つために必要な栄養が不足します。

髪の毛の色となるメラニン色素を作るメラノサイトも栄養を必要としていますが、血液はまず生命維持活動をしている部位に栄養を届けることを優先します。

目と髪の毛で言えば、当然ですが目の活動の方が重要ですから、血行不良になると目への栄養補給が優先されます。

そうなると、メラノサイトへの栄養は不足してしまうので、必然的にメラニン色素の生成量が減少するためこめかみに白髪が生えてしまうのです。

つまり、こめかみの白髪は血行を促進すれば改善できるので、マッサージで血流を改善しましょう。

まずはこめかみに人差し指と中指の腹を当てて、小さい円を描くように優しく揉みほぐします。

ここで気をつけるのは力を入れすぎないことです。

こめかみには目への神経が通っていますし、血管も細くデリケートなので、気持ち良いと感じる程度の強さでマッサージしてください。

次に、10本の指の腹を均等な幅で生え際に当てたら、少し力を入れて頭頂部から後頭部に向かって流しましょう。

回数は5回から10回ほどで大丈夫ですが、マッサージ前よりも頭皮が柔らかく感じるまでやると効果的です。

マッサージで血流を改善すれば、こめかみ部分のメラノサイトにもきちんと栄養が行き渡るので白髪の改善効果が期待できます。

関連記事

コメントは利用できません。

人気の記事

ページ上部へ戻る