出産後に白髪が増えるのは何故?

ホルモンバランスと白髪の関係

ホルモンバランスが崩れると抜け毛が増えると言われますし、実際に妊娠や出産などホルモンのバランスが崩れるようなときには脱毛症になることがあります。

ですが、ホルモンバランスは抜け毛だけではなく、白髪にも大きく関係しています。

女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、交互に分泌量を変えながらバランスを保っています。

しかし、妊娠や出産だけではなく、過度のストレスや疲労が蓄積したり、食生活が乱れたり、睡眠不足になったりすると分泌バランスが崩れます。

エストロゲンは髪の成長を維持したり、髪に弾力やハリを与えて美しさを保つ働きを持っています。

一方プロゲステロンは直接髪への働きはないものの、皮脂の分泌量を増やすなど頭皮に悪影響を与えます。

頭皮環境は白髪をダイレクトに引き起こす要因にはならないものの、悪化すると毛根組織の機能低下につながります。

毛根組織の機能が低下すると、その内部にあるメラノサイトやチロシナーゼが影響を受けて、メラニン色素を生成する機能が衰えてしまいます。

このように、髪に対して異なる影響を持つホルモンのバランスが崩れると、今まで正常に行われてきたメラニン色素の生成が滞るようになってしまうのです。

メラニン色素が十分に作られないと、髪の毛に色素が取り込まれなくなるので白髪になってしまうのですね。

ホルモンバランスの状態は自分で把握するのは難しいですが、もし特に思い当たる原因がないのに白髪が増えてきた、または妊娠や出産などの経験がある場合はホルモンバランスが白髪の原因かもしれません。

産後白髪にならないように気を付けたいこと

産後はホルモンバランスが大きく変化をするため、体の状態にもいろいろな変化が現れますが、その変化の一つが白髪です。

産後白髪は特に珍しいことではなく、多くのママさんが体験しています。

産後に白髪が増えるのは、ホルモンバランスの崩れも原因の一つですが、他にも栄養不足や睡眠不足、ストレスなどが挙げられます。

新生児の育児は、すべての時間を赤ちゃんに合わせると言っても過言ではないでしょう。

赤ちゃんは時間に関係なく2時間から3時間置きに授乳が必要ですし、おむつ替えもしょっちゅうしなくてはいけません。

その合間に家事をこなし、赤ちゃんを沐浴させたりお散歩に連れて行ったりと、ママは24時間フル稼働です。

満足に食事も摂れないまま授乳をすることもよくあるので、栄養不足や睡眠不足になりやすいですし、自分の自由な時間がほとんどないのでストレスも溜まりやすいです。

髪の毛の色となるメラニン色素を作るメラノサイトは、当然ですが栄養を取り込んでしっかり働きますから、栄養不足になるとメラニン色素を生成できません。

また、睡眠不足だと髪や頭皮のダメージを回復させる成長ホルモンの分泌量が不十分になりますし、ストレスが溜まると血行不良が起こり白髪が出来やすくなります。

育児中はしょうがない部分もありますが、栄養不足や睡眠不足に気を付けないと、白髪ができて治らない状態になります。

産後白髪にならないようにするには、栄養をしっかりとって、睡眠不足を補うために赤ちゃんが寝たら自分も仮眠を取りましょう。

ストレスで白髪になるのもバカバカしですから、自分の趣味や熱中できるものを見つけて発散してください。

関連記事

人気の記事

ページ上部へ戻る