市販の白髪染めで頭皮がかゆくなる理由

市販の白髪染めで頭皮がかゆくなった経験はありませんか?

市販の白髪染めは、誰でも使えるように薬剤の強度も抑えられてはいるものの、それでも人によってかゆみのトラブルが起きることがあります。

白髪染めで頭皮がかゆくなるのは、ジアミンアレルギーが考えられます。

白髪染めには酸化染毛料が使われていて、その主成分となるのがフェニレンジアミンやメタフェニレンジアミン、パラフェニレンジアミンなどジアミン系薬剤です。

こういった薬剤は、髪の毛を染めるのに必須の成分ですから、市販の白髪染めにはほぼ100%使われているといっていいでしょう。

人間の体は、皮膚に合わないと判断する成分に対して反応を起こす性質があり、ジアミンに対してアレルギー反応を起こす人がいます。

ジアミンアレルギーの人が白髪染めをすると、ジアミンが皮膚に接触することで刺激となり、かゆみが引き起こされます。

また、皮膚の状態というのは常に一定ではなく、生活習慣や食べるものによって変わるので、1回染めたときは大丈夫だったけど再度白髪染めをしたらかゆくなるということもあります。

ジアミンという薬剤はもともとアレルギー反応を起こしやすいですから、どんな人でも白髪染めをする前には必ずパッチテストを行わなくてはいけません。

パッチテストはアレルギー反応をチェックするためのテストで、これでかゆみが出るようであればジアミン系薬剤を使った市販の白髪染めは使わないようにしましょう。

もしかゆみの症状が治まらなかったりひどくなった場合は、自分で対処するのではなく皮膚科など専門の医療機関を受診してください。

市販の白髪染めで突然アレルギーが発症することも

自分で白髪を染める場合、必ずパッチテストをしなくてはいけません。

パッチテストというのは、白髪染めに使われている薬剤でアレルギー症状が起こらないか確認するテストです。

ただし今までカラーリングをしてきて、一度もアレルギー症状が出たことがないという方だと、パッチテストを省くこともあるでしょう。

ですが、その油断がとても危険なのです。

人間の体質というのは、生活習慣や加齢などによって変わっていきます。

そのため、例えば今まで卵を食べてもなんともなかった人が、突然アレルギー症状を発症するなんてこともあります。

白髪染めも同じで、カラーリングをしても何の症状も出ないという人でも、突然アレルギーが発症することがあるのです。

市販の白髪染めでアレルギーが発症するのは、ジアミン系薬剤が原因です。

ジアミン系薬剤は酸化染毛料に使われている成分で、非常に強い刺激を持っています。

そのため、疲労やストレス、寝不足などで免疫力や抵抗力が弱っていたりすると、頭皮が刺激に耐えられずアレルギーを発症しやすいのです。

また、白髪染めをするとひりひりするけどすぐに治るから問題ない、と思ってしまう方もいるようです。

しかしひどいアレルギー症状じゃないとしても、染めたときに皮膚に違和感がある場合は、軽度のジアミンアレルギーを発症しているかもしれません。

それなのに繰り返し白髪染めを続けてしまうと、アレルギーの過剰反応を起こしてしまう危険もあります。

市販の白髪染めのパッケージには、髪や頭皮に優しいなどのキャッチコピーがありますが、基本的にジアミン系薬剤は髪にも頭皮にも優しくないので注意しましょう。

関連記事

人気の記事

ページ上部へ戻る