市販の白髪染めで髪が傷むのは何故なのでしょうか?

ジアミン系化合物による髪や頭皮への影響について

ジアミン系化合物は、ブラックやブラウンなど濃い色を発色させる薬剤なので、ほとんどの市販の白髪染めに使われています。

この物質はもちろん厚生労働省によって使用を許可されていますが、だからと言って安心して使えるとは言い切れません。

その理由は髪や頭皮に強い刺激を与えるからです。

それなのに薬剤としての認可が下りているのは、アレルギー反応が必ず起きるわけではないからです。

しかし、ジアミン系化合物はアレルギー体質じゃない人でも、体質を変えてしまう可能性がある物質なのです。

ジアミン系化合物は、皮膚から吸収されると体内に蓄積していきます。

有害物質は本来なら肝臓で分解されるのですが、ジアミン系化合物は分解されないので微量ですが蓄積してしまうのです。

繰り返し白髪染めを使っていると、最初は害を及ぼすほどではない蓄積量だったのが、どんどん増えてしまいアレルギー体質に変性してしまいます。

アレルギー反応は皮膚で起こることが多いので、アレルギー体質になるとジアミン系化合物に接触しただけでかゆみやかぶれ、発疹などの症状が引き起こされます。

もちろんこういった影響はすべての人に起こるとは限りません。

しかし、アレルギー体質じゃない人でもアレルギー体質に変性してしまう可能性がある怖い物質なのです。

また、アレルギー体質にならなくても、ジアミン系化合物は強い刺激を持っているので、髪や頭皮は大きなダメージを受けます。

使い続ければ、キューティクルはぼろぼろになりますし、頭皮のバリア機能は破壊されてしまうということを覚えておきましょう。

過酸化水素(脱色剤)の髪や頭皮への影響について

市販のヘアカラーなどは薬剤が1剤と2剤に分かれていて、使用するときにこの2つを混ぜ合わせて染め剤を作ります。

1剤にはキューティクルを開くアルカリ性の薬品が入っていて、2剤にはメラニン色素を分解して脱色したり、染料を酸化させる過酸化水素水が入っています。

過酸化水素水は発がん性が認められるため、本来であれば人体には使用しない方が良いと言われていますが、髪や頭皮への影響も懸念される物質なのです。

過酸化水素水が持つ脱色作用は、髪の構造を破壊します。

髪は毛母細胞が分裂して成長していく過程で、メラニン色素を取り込んでいきます。

このメラニン色素を薬剤の力で無理やり取り除くのですから、当然髪の毛には大きなダメージを与えます。

取り除かれたメラニン色素の代わりに染料を浸透させるとしても、染料は髪にとって異物なので完全にダメージを回復させることはできません。

ですので、過酸化水素で繰り返しダメージを与えると、髪の内部は潤い保持ができず、ぱさついたりごわついたりします。

また、過酸化水素には毒性が含まれているので、皮膚に対して強いアレルギー反応を引き起こします。

ヘアカラーを使うと頭皮に経皮毒が染み込んでしまうため、例え微量であっても異物に対しての反応が起こり、かぶれや発疹、炎症などの症状が発症することがあるのです。

さらに使い続けると、毒が蓄積していってアレルギーや疾患などの原因となります。

過酸化水素水は人体への使用を禁止する動きがあるぐらい危険な物質ですが、簡単に髪を染められるので市販のヘアカラーには多く使われています。

しかし髪を傷めたり、皮膚アレルギーを引き起こす要因となるので注意しましょう。

関連記事

人気の記事

ページ上部へ戻る