アレルギーの心配がない頭皮や髪に負担の少ない白髪染めを使おう

無理して使い続けるとアナフィラキシーショックが現れることも

ドラッグストアなどでリーズナブルな価格で売られているヘアカラーには、ジアミン系薬剤が使われています。

ジアミン系化合物は人体にアレルギー症状を引き起こす可能性のある物質で、特にアレルギー体質じゃないという人でも、頭皮に発疹やかゆみ、かぶれの症状が起こることがあります。

ただ、こういった症状があっても多くの場合数日で治まりますし、白髪のように定期的に染める必要がある方は、アレルギー症状が出たとしても重篤な症状ではないので繰り返し使ってしまうでしょう。

しかし軽度のアレルギー症状が出るということは、皮膚が異物に対して反応しているので、無理して使い続けるとアナフィラキシーショックが現れることがあるため注意が必要です。

アナフィラキシーショックというのは皮膚アレルギーの一種で、ジアミン系化合物を使った部分にかゆみなどを引き起こします。

かゆみぐらいなら我慢できると思うかもしれませんが、アナフィラキシーショックの症状はこれだけではありません。

アレルギー症状が出ているのに繰り返しアレルゲンを使い続けてしまうと、まぶたやおでこなどが腫れ上がったり、湿潤液が過剰分泌されて強烈なかゆみが起こったりするかもしれません。

また、全身にじんましんが発症したり、唇や喉など粘膜部分に焼け付くような痛みが起きることもあります。

さらに怖いのは皮膚症状だけではなく、下痢や嘔吐、食欲不振、気管支喘息など体にも症状が現れることです。

最悪の場合は、全身に痙攣が起きて呼吸困難になり死亡してしまう、という例もあるぐらいですから、ただのアレルギーだと甘く考えるのはとても危険なのです。

アレルギーの心配のない無添加の白髪染め

ドラッグストアなどで購入できる白髪染めは、手頃な価格で好きな時に使えるので利用している方も多いでしょう。

しかし、こういった白髪染めにはアレルギーを引き起こすジアミン系化合物という化学物質が使われています。

自分で白髪を染めたら、しばらくかゆみが続いた、皮膚がヒリヒリしたという経験がある方は、ジアミン系化合物によってアレルギー症状が起きているということです。

一度アレルギーの症状が出てしまうと治ることはなく、使い続けることによって悪化していく一方なので、もし症状が現れたら使用を中止し、医療機関で受診しましょう。

頭皮はとてもデリケートですから、アレルギー症状が出ると不安になってしまいますよね。

かと言って白髪を染めないわけにもいきません。

そんな時は、頭皮や髪にやさしくアレルギーの心配のない無添加の白髪染めを使いましょう。

無添加の白髪染めにはアレルギーを引き起こす添加物が入っていないので、今までアレルギー症状が出たことがあるという方や敏感肌の方、肌が弱いという方でも安心して使えます。

無添加の白髪染めは、肌や頭皮にやさしいため、素手で直接染められるので手袋やケープなどの準備も一切必要がなく気が向いた時にいつでも染められます。

無添加の白髪染めは、ヘアカラータイプの白髪染めのように髪の内部に染料を浸透させるのではなく、表面に染料を付着させて色をつけるヘアマニキュアタイプですので、アレルギー症状を起こす薬剤は使われていません。

一度染めると長く使い続ける必要のある白髪染めは、アレルギーのリスクがあるヘアカラータイプより、頭皮や髪にやさしいヘアマニキュアタイプの無添加の白髪染めを利用しましょう。

関連記事

人気の記事

ページ上部へ戻る