長く使い続ける白髪染めは安全性を第一に考えて選ぼう

使うたびに重症化する怖いジアミン系の白髪染め

近年、ヘアカラーをすることで頭皮がかぶれたり炎症を起こすなどトラブルが増えています。

こういったアレルギー反応は、ヘアカラーに使われているジアミン系の酸化染毛剤が原因です。

ジアミン系酸化染料はアレルギーを引き起こす可能性のある物質で、髪を染めると頭皮がかゆくなったり、腫れたり、赤くなったりという症状が現れることがあります。

ですが、こういった症状が出ても軽度ですぐに治ってしまうと、特に問題ないと思ってしまう方も多いのではないでしょうか。

確かにジアミン系のアレルギーは、最初は軽症なので、時間が経てば症状も治まります。

しかし、例え軽症であってもかゆみや発疹などが起こるということは、すでにアレルギー反応を起こしています。

それなのに、ちょっとした症状だからと使い続けてしまうと重症化することがあります。

ジアミン系のアレルギー症状の出方は人によって異なり、突然全身に蕁麻疹が出たり、顔が腫れるなど重篤な症状が出ることもあります。

ですが、これは特にアレルギー体質でなくても発生する可能性のある症状ですから、今までヘアカラーをして何の問題もなくても発症する危険性があるのです。

また使い始めは軽いアレルギー症状であっても、ジアミン系のアレルギーは使う度に重症化します。

つまり今までトラブルなく使えていたとしても、いきなり重篤な症状が発症するかもしれないのです。

重症化したアレルギー症状は簡単には治りませんから、日常生活に支障が出ることもあるので、例え今頭皮トラブルなどがなくてもジアミン系の白髪染めは使わないようにしましょう。

違和感を感じたらすぐに医療機関で診察を受けましょう

美容院での白髪染めは時間もお金もかかるので、ヘアカラーなどを利用して自分で染めている方も多いでしょう。

市販のヘアカラーはドラッグストアなどで手軽に購入できる上に、リーズナブルで使い方も簡単というメリットがあります。

ただ、自分で染める場合にはアレルギー症状がないかどうか、パッチテストで確かめなくてはいけないのですが、きちんと実践している人は少ないようです。

ちょっとひりひりするけどすぐ治るから、数時間かゆみがあったけど引いたから大丈夫と思っている方も多いのではないでしょうか。

ですが、白髪染めをしている間や染め終わってから数時間後であっても、違和感を感じたらすぐに医療機関で診察を受けましょう。

違和感ぐらいで医療機関を受診するというと大げさに思えるかもしれません。

しかし、少しのかゆみであっても、髪を染めることでその症状が起こるのであればアレルギー反応が起きている可能性があるのです。

アレルギーというのは、放っておいたりアレルゲンとなるものを取り込み続けると、症状はどんどん悪化していきます。

最初は軽度の症状であっても、白髪を染める度に重症化してしまい、アナフィラキシーショックを起こすこともあります。

重度のアレルギー症状は、最悪の場合命に関わることもあります。

医療機関を受診すれば薬を処方してもらえますから、すぐに症状を改善することができます。

また、何が原因なのかも分かるので、ヘアカラーが原因だった場合は事前に重症化を防げます。

アレルギー症状がひどくなったら、普通のシャンプーでもかぶれなどが起きるかもしれないので、そうなる前に医療機関で診てもらいましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

人気の記事

ページ上部へ戻る